BLOG

【JBS認定インストラクター個人主催イベントのご紹介】役立つ野遊び術♪【ブッシュクラフトテクニック】Vol.Ⅲ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
Loading Map....

日時
2020/08/22 - 2020/08/23
11:00 - 15:30

会場
福岡市立背振少年自然の家

対象


いざという時に役立つ【野遊び術】を遊びながら身につけよう♪

ブッシュクラフトテクニックvol.Ⅲ

今回は焚火まわりとロープワークにフォーカス❗️❗️

【お好みのシェルターで野営】

【絶対使いたくなるロープワーク・クイックディプロイと強化結び編】

【いろいろ使える強化トグル作り】

【ブッシュクラフト調理に最適な焚火スタイルに挑戦】

【チャーウッド&チャークロス作り】

【焚火を囲んでブッシュクラフト交流&質問コーナー】

✳️✳️✳️✳️✳️✳️✳️✳️✳️✳️✳️✳️✳️✳️✳️✳️✳️✳️

内容(予定)
✳️お好みのシェルター設営(デモンストレーションあり)
ステルス
Aフレーム
ダイヤモンド
アディロンダック

✳️知っていると便利なブッシュクラフトで使えるロープワーク
なんでもっと早く教えてくれなかったのーとなっちゃう。
ぜったい使いたくなるロープワーク“クイックディプロイ”と強化結び編5種類に挑戦します。

✳️シェルター設営に使える【小枝トグル】作り。
小枝とロープでシェルター設営時やランタン吊しに使える。
風に強く緩まないトグルを作りに挑戦します。

✳️ブッシュクラフト調理に最適な焚火スタイルを構築しよう。

焚火も調理も楽しめるファイヤピット&焚き火の組み方とそのコツを学びます。

✳️チャーウッド&チャークロス作り
デリケートなチャークロスに比べ火持ちがよく使いやすいチャーウッドは湿気気味の火口にも火をつけたりできます。
その材料の選び方、作り方、注意点、使い方を学びます。

✳️焚火を囲んでブッシュクラフト交流&質問コーナー

#########################

〇ご注意ください〇
会場のフィールででは樹木の伐採、直火焚火は全面的に禁止されています!!
ブッシュクラフトイベント時のみ特別に許可を得て、安全面環境面に考慮しつつ直火の講習を行っていますのでご了承ください。

#########################

●持参いただくもの●
ブッシュクラフト装備のレンタルご希望の方はご相談ください。
(ODシート・ペグ・ロープ・ハンマー・コッヘル・ナイフ・寝袋・グラウンドシートなど)
初日のお弁当
MYブッシュクラフトセット
(タープ3×3m程度、パラコード、ペグ、ハンマーほか野営に必要なもの)
100円均一などの蓋付き缶灰皿 1個
コッヘルなど調理道具
箸などのカトラリー等
シェラカップやマグカップ
保温できる水筒など
宴の飲み物おつまみ
3食の食材(夕食・朝食・昼食)
スリーピングマットレス
寝袋
お好みでバーナーや焚き火台
革手袋など
ブルーシートなど下に敷くシート
バスタオル1枚
洗面・お風呂セット
タオル類
必要な着替え
防寒着(上下)
※レインウェア、レインシューズ(山の天気は不安定です)
カメラや携帯
充電器など
綿100%の生地 お好みの量
採集可能な方は焚き付け小枝や薪
その他ブッシュクラフト泊に必要だと思われるものを持参願います。

✳️✳️✳️✳️✳️✳️✳️✳️✳️✳️✳️✳️✳️✳️✳️✳️✳️✳️

食事
1日目昼食 お弁当(持参)

1日目夕食 各自調理

2日目朝食 各自調理

2日目昼食 各自調理

※近隣の温泉に入浴可能です。
※食事は個食自炊。(直火以外に焚き火台やバーナー使用もOKです)

🔴🔴⭕️お申し込み、お問い合わせ⭕️🔴🔴

⭐️参加ボタンを押されてもお申込みになれません。
⭐️正式なお申し込みは下記【こくちーず】からお願いします。

https://www.kokuchpro.com/event/yasshi/

✳️✳️✳️✳️✳️✳️✳️✳️✳️✳️✳️✳️✳️✳️✳️✳️✳️✳️

お土産付
⭐チャーウッド
⭐️Bank Line #36 バンクライントグル

※Bank Lineとはアメリカ海軍で採用されている、表面にタールを塗ることで防水性を高めたナイロンロープです。柔軟で扱いやすく、耐摩擦性に優れているという特徴があります

✳️✳️✳️✳️✳️✳️✳️✳️✳️✳️✳️✳️✳️✳️✳️✳️

講師:三浦 靖司 ”やっし”
   (一社)Kids Go Wild 代表
   Japan Bushcraft School スーパーバイザー /西日本エリアマネージャー
   防災士
   
場所:福岡市立背振少年自然の家

    一泊二日宿泊プログラム

対象:どなたでもご参加になれます

定員:12名
※最小催行人数 4名 
(受講費、宿泊、おみやげ、材料費等、全て込み)

※雨天決行
 (雨天時はプログラム内容が変更になる場合があります)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Comment are closed.

Facebook Page

最新のイベント情報などはこちらのフェイスブックページをご覧ください。

Return Top